ツイッターのフォローはこちら♪

【これだけは知って欲しい】邦学ロックのおすすめバンド

【これだけは知って欲しい】邦学ロックのおすすめバンド

こんにちは!

今日は珍しくちょっとはやめの投稿!

いつも通り22時にも投稿予定なので、そちらもチェックしてください!

 

さて、この記事は特別編とさせていただきます。

何が特別かって?

 

それは、

 

私のすきなバンドを紹介させてください!

 

ということです。

 

「いつもと変わらねえじゃねえか!」

 

というツッコミをいれられたらそれまでなのですが(笑)

 

でも最後まで読んでもらえれば、

 

  • なぜこのタイミングなのか
  • なぜ紹介する必要があるのか

 

それらについて、きちん納得できるよう説明します。

 

そして、私の好きなバンドのことも知ることができますので(笑)、

ぜひ最後までお付き合いください!

 

この記事の背景について

 

・なぜこのタイミングなのか

 

私がこのサイトを始めて、10記事ほど掲載しました。

 

サイトに訪れてくれた人の数はまだまだ多くはありませんが、

それでも毎日欠かさず見に来てくれる人もいます。

いつも本当にありがとうございます!

 

そんな人のために、

 

これからもっと音楽の魅力を知って欲しい、

もっと私のこと(人間性から音楽の趣味を含む)を知って欲しい

 

そんな思いで今回このタイミングでお伝えしようと思いました。

 

・なぜ紹介する必要があるのか

 

自分が好きなものを、

 

誰かに知って欲しい

好きになってほしい

 

そんな気持ちになったことありませんか?

 

好きなものが共通している仲間と好きなものについて語り合っている時

とても楽しくて時間を忘れて話していた、そんな経験ありませんか?

 

すきなものについて話す時、なんであんな楽しいんでしょうね!

(ちなみに、好きなものについて話している時のきらきらした笑顔の女の子が大好きです!)

 

 

私はこのサイトのテーマを、

 

「~人生は、音楽と共に~」

 

とつけました。

 

それは

 

一人でも多くの人に音楽の魅力を伝え、

人生を共にしたいとおもえるようなお気に入りの音楽と出会い、

そんな音楽好きな仲間を増やしたい

 

ということがあります。

 

私が特に好きなアーティストを紹介することで、私のこと、バンドのことを少しでも知ってもらい

共感して欲しい

 

その思いが、私の好きなアーティストを紹介する理由です。

 

まさき’s おすすめバンド

 

さあ、ここからが本題!

 

私は普段から音楽、特に邦学ロックが好きでいろいろなアーティストの曲を聴いています。

 

新しく気になるバンドを見つけると、わくわくとした気分になり嬉しくなります。

 

まるで新しいおもちゃを与えられた子どものように(笑)

 

でも、たまーに自分のお気に入りのアーティストの曲を聴くと、

今まで飽きるほど聴いていたはずなのに、

新しい発見があったり、今まで以上に心に響いたりします。

 

それはどんな人の、どんな好きなものにも言えます。

 

本が好きな人、映画が好きな人、ラーメンが好きな人、旅行が好きな人。

 

新しいものを探している最中、ふいに自分のお気に入りに戻りたくなる時ありませんか?

 

そんなバンドが私にもあります。

 

ふいに聴きたくなる、聴くと「やっぱりこれだよな」と安心してしまう、

そんな私の「マイホーム」のようなバンドを紹介します。

 

ですがおすすめしたいバンド、おすすめしたいポイントは山ほどあるのですが

どうにも書ききれません。

 

よって、ここでは簡単な紹介とおすすめの曲を2つ紹介します。

気になったら、他の曲もいろいろ聴いてみてくださいね!

 

① RADWIMPS

 

このバンドは私の人生を大きく変えました。

それぐらい私にとってはなくてはならないバンドです。

 

横浜出身の4人組バンドで、現在ドラムの山口君が活動休止中でサポートドラマーを呼んで活動しています。

特徴的なのは哲学的な歌詞と安定した演奏。

特にベース音が好きな私は、武田君のスラップ奏法(弦を叩いたり引っ張ったりして、弦がボディ(指板)に当たるバチっとした音を狙って出す、ベースの奏法の1つ)の音色に毎回うっとりしちゃいます。

 

RADWIMPSのおすすめの曲はこちらです。

 

・『記号として』

 

 

個人的にはこの曲は最もRADWIMPSらしさが出ている曲の1つと思います。

哲学的な歌詞とギター、ベース、ドラムが奏でる爆発的なサビのメロディ。

素敵です!

 

・『me me she』

 

 

この曲は失恋した直後に聴くことをおすすめしません!

なぜなら涙腺が崩壊します!約束します!

 

むしろ個人的には恋人とラブラブな時に聴いて、

「きっと今の恋人と別れたらこんな気持ちになるんだろうな。

そうならないためにも、恋人を幸せにしよう」

そんな前向きに捉えることをおすすめします!

 

<さよならと一緒に

教えて欲しかったよ

あの約束の破り方を

他の誰かの愛し方を

だけど本当は

知りたくなんだ>

RADWIMPS 『me me she』

②My Hair is Bad

 

今最も勢いのあるバンドの一つです。

私の地元、新潟県の先輩でもあることで、頭が上がりません(笑)

ついこの間までは新潟県で知名度を増してきたな、と思っていたらいつの間にか全国の知名度に。

その勢いにただ驚愕です。

 

彼らの特徴はボーカルの椎木の作詞する世界観。

まるで彼の書いた日記を覗いたような、そんな生々しい感情が歌に込められています。

 

My Hair is Badのおすすめの曲はこちらです。

 

・『真赤』

 

 

彼らの知名度を一気に引き上げたのはこの曲。

まさにMy Hair is Badらしい、目の前に情景が浮かんでくる、

そんな描写と椎木の気持ちの揺れ動きが表現された曲です。

 

<春、恋に落ちて

耳を澄まして

君を探して

僕は誰かを

ついに失って

それでもいいって

君を持とうって決めてた

夏の匂いがした>

My Hair is Bad 『真赤』

・『卒業』

 

 

彼女からの別れ、“卒業”を歌った曲です。

個人的にこの曲のこの部分が突き刺さり、とても考えさせらたことをよく覚えています。

 

<1万回間違ったって

恋や愛はやめられないさ

さよならだけを伝えるつもりが

ありがとうと言う

僕にとって 君にとって

じゃなく 二人にとって

子供のままじゃダメだ

でも大人ってなんだ>

My Hair is Bad 『卒業』

 

子供の頃には早く大人になりたいって思ってた。

大人の人がすごくスマートでかっこよく見えた。

 

けど大人になって分かった。

大人なんていない。

幻想だ。

大人っなんだ

 

そんな風に考えさせられる、若者にぜひ聴いてほしい1曲です。

 

 

③クリープハイプ

 

先月武道館ライブを成功させた人気のロックバンド。

今若者の中で流行している言葉、「エモい」

(英語の「emotional」を由来とした、感情が揺れ動かされた状態を表す形容詞)

という言葉が最も似合うバンドだと思います。

 

特にボーカルの尾崎世界観が描く“世界観”は圧巻で、

彼の特徴的なハイトーンの歌声と相まって若い女性を中心に虜にしているバンドです。

 

クリープハイプのおすすめの曲はこちら。

 

・『寝癖』

 

 

クリープハイプの「エモさ」がよく出ている1曲です。

寝癖をテーマに、彼女への気持ちを歌った、

そんな日常のある場面を切り取り感情を乗せて歌った、ハートフルな曲です。

 

<君の髪が白くなっても

そばにいたいと思ってるよ

あたし髪が白くなる位

ずっとそばにいたいよ>

クリープハイプ 『寝癖』

 

・『ただ』

 

 

この曲は彼女への気持ちをまっすぐに歌った曲です。

初めて聴いた時は、まっすぐすぎて少しクリープハイプぽくないなと戸惑いました(笑)

 

しかしよく聴くと、

 

まっすぐな中に少し歪んだ感情が描かれていて、それが尾崎世界観の歌声とマッチしている

 

と感じました。

 

そんなクリープハイプの新たな一面が感じられる1曲です。

 

<ただそばにいて

とか言えなくて

いつもその理由を考えてしまう

ただ そばにいて

の ただが何かを

恥ずかしくなって

考えてしまう

ただ ただ ちゃんと

ただ 伝えたいの>

クリープハイプ 『ただ』

 

まとめ

 

ここまで読んでくれたあなたは、

 

音楽が好きなのか

 

私のことが好きなのか

 

どちらかでしょう(笑)

 

あなたも好きなバンドはありましたか?

好きなバンドが共通していたら、ぜひ話しましょう!

 

知らないバンドがありましたか?

もし興味が出たらいろいろ聴いてみてください!

(何ならおすすめの曲たくさん教えるので(笑))

自分の好きなものが、他の人に共感してもらえるのは幸せなことです。

 

 

これらのバンド以外にも、

 

「こんなバンドおすすめだよ!」

 

とか、

 

「このバンドのこの曲、マイナーなんですけど知ってますか?」

 

などコメントも待ってます!

音楽について語りましょう!

 

これからも音楽の魅力について、定期的に配信していく予定です!

 

ぜひぜひまた遊びに来てくださいね!

 

まってま~す♪

 

 

~人生は、音楽と共に~

【はじめに】前菜としてカテゴリの最新記事